読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virgin Noize Blog

Solarisを中心に“何か”とコラボレーションをすることによって 音楽の表現活動そしていく複雑流動的複合型ユニットのお話。

第十六作目 「東京インフェルノ」

Virgin Noize Mortion Picture Soundtrack #02
A.C.T.I.F Series 「RE:SISTANCE」収録予定
Solaris(Virgin Noize) feat. 鏡音リン・レン&GUMI

イラストは東京ジェノサイドのDom様。

 

GUMI超かっこよす。


今作は「東京ジェノサイド」に第二楽章として温めてたリフを元に
突然思い立ったように作った曲です。前作が23区の西側で起きてたことなので
今回は山の手的にぐるーっと池袋方面から上野・東京方面に向かって逃げて
その際に徐々に地獄と化していく世界を描いていこうと思いました。

まあ、大人しく死に向かって列を成していくような国民性を感じるところに
恐怖するようなイメージが3.11以降なんとなく感じてたところで
そこを多少揶揄したような歌詞にはなったんですかねーどうなんですかね?


曲構成はジェノサイドを踏襲しつつ短い、インパクト、反復をテーマにし
イントロのリフとサビのラストを何度も繰り返すことにしました。

"DANCE WITH DEVIL AND DEUX EX MACHINA"

意味はあまり深く考えてないですけどね、地獄っぽいですよね。
悪魔と偽りの神と踊るっていう、救えない感を出したかったんだと思います。

ジェノサイドより案外ロックしてるかも
エレクトロ色が強く結構トリッキーな音を入れてるAメロから一転して
Bメロでギターロックに転じて、更に転調してサビはエモ全開
最終でまたトリッキーな"DANCE WITH DEVIL AND DEUX EX MACHINA"で締める

Cメロは思ったよりも深遠な雰囲気でましたね。
裏でリンがバックコーラス唄ってるんですけど、何妙法蓮華経って唱えてます。

すごいピアノ怖い感じ。地獄へようこそ。

最後終わってまた連続で"DANCE WITH DEVIL AND DEUX EX MACHINA"
これ、一度やってみたかったんですよね。やれてよかった。
こういうガチャガチャした曲じゃないとできないと思ったので。満足です。


前3作と同様に収録される新作アルバムをコミケで頒布を致します。
前作EPの「セイギノギセイ」同様にA.C.T.I.F Seriesになってます!

今回はフルアルバム構成ですので、お楽しみにください!

2016/12/31 コミックマーケット91(土曜日)参加
ブース:な-18a / 3rd Album「RE:SISTANCE」頒布予定